目的

医療法では、薬局が病院等とともに医療提供施設として位置付けられています。
しかし現在、保険薬局の多くは処方せん調剤に追われ、薬局というより調剤センターと化しています。
そこで今一度、地域における薬局はどうあるべきかを考え、真に地域の医療を担う施設として機能させるための体制作りに関する研究と試行を行い、地域の医療・保健に寄与することを目的としています。

事業・研究

  1. 在宅医療、介護等における、薬局薬剤師と医師、看護師、理学療法師、介護支援専門員、ヘルパー等との連携によるチーム医療提供体制の構築に関すること
  2. 地域住民の疾病予防、健康増進に貢献できる薬局のあり方に関すること
  3. 市町村等(地方自治体)と診療所及び薬局との連携体制に関すること
  4. 地域医療の担い手となる学生及び薬剤師の教育・研修を行うため、関連大学との連携に関すること
  5. その他、地域医療に関すること

代表:土屋 照雄
TEL (058)322-5367